家庭の不用自転車は街の回収業者に相談を

不用自転車の回収 子どもたちが学生時代に使っていた自転車、彼らが独立した後も大事に保存する家庭は少なくありません。自転車は安いお買い物ではなく、いつか再び乗る時期が来るだろうと倉庫に保存するのは至極当然な心理です。
ただ、現実的に考えれば、再び自転車を家族が乗る機会はそうそう訪れません。
特に高齢者や専業主婦だけの家庭なら尚更です。
ブレーキやフレームがピカピカな自転車であれば身近な買取店に相談しましょう。良い値段で売却出来ますので、処分費が掛からずお得です。
ただ、何年も倉庫内で放置された自転車は確実に傷んでいます。専門家並の知識があれば修理やメンテナンスが可能ですが、素人の女性や高齢者にはまず不可能です。痛みが激しい物は、ゴミとして処分しなければいけません。
しかし普通に粗大ごみとして廃棄すれば多額のお金が請求されますので、一般的なやり方ではなく、街の回収サービス業者を活用したいところです。不用品の回収業者に依頼すれば、大型の物から子供用のコマ付きの製品まで、幅広い不用品の引取が受けられます。
各街にはお得な回収業者がありますので、粗大ごみとして廃棄するよりもコストが掛からず何かとお得です。
自宅まで業者が出張して来てくれますから、マイカーが無い自宅でも安心でしょう。

自転車を処分するときの手続き

いらなくなった自転車を自分で処分するには、色々な手続きが必要となります。
もちろん、自転車の買い替えや以前に購入したところに持っていけば無料または格安で代行してくれる場合もあります。自分で手続をするのなら、基本は所有者である登録者が行うことになります。
その手続きを行う場所は、交番や駐在所並びに警察署内の防犯協会になります。そこに、身分証明書と防犯登録カードの控えと処分する自転車を持っていきます。但し、痛んでいたり激しく破損していて動かすことが困難な場合には、防犯登録番号を記録しておけば大丈夫です。
でも、買ったときに大事にしまっておいた防犯登録カードはどこに行ったか分からず探しても見つからないこともあります。こんな場合は、自転車に付いている防犯登録番号が判読できれば問題ありません。必要な書類や防犯登録番号が分かれば、廃車カードをくれますのでこれに必要事項を記入します。
これで手続きは終わりです。 もし、他人に売却する場合にも、この廃車手続きをしてから、新たな所有者に再度防犯登録をするように告知しましょう。そのまま乗っていると無登録車になり行政処分の対象になります。

自転車のおすすめ情報サイト

自転車処分や撤去でお困りの方は東京都足立区の「引取本舗」

自転車の処分

『自転車 処分』 最新ツイート